ゆきの型紙から修正に修正を重ねてやっと形になってきました。
りょうのは かなり大きいです。
 
 

 
りょうの補正した型紙で裁断し
 
 
 
本縫いに はいります。
 
 

 
 
 
 
  
綿入りのあわせ仕立てなので、どこからどうひっくり返すのか??
なんといってもここが一番難しかった・・・・
 
 

 
 
 ぐちゃぐちゃ、ちんぷんかんぷん
 約半日考えましたがわからない??
 
 
 
これ以上考えてもわからないし・・・と
師匠のところにお邪魔して作品を見て頂きました。
 
 
すると
いとも簡単に、こうするんだよ!!とひっくり返し
縫い方をお教えいただきました。
 縫い方さえマスターできればあとは簡単
 
 
 
(縫い方は同じなので、ゆきのもので紹介します。)
 
補正した部分を型紙で直し
 
 

 
 
 
裁断
 
同じように縫います。
 
 
 
袖ぐりの難関部分も二度目は簡単
縫い目がずれないように合印をして 
 
 

 
 
 
 
 
 
 小さく縫い残した穴から、 引き出してミシンをかけます。
 
 

 
 
 
 
 
 ここでいったん表に返し試着させます。
 
 

 
 
うぅ~~ん 大体いいみたい
 
 
 
 
では、仕上げのステッチをかけます。
 
 
 
するとこうなりました。
 
 

 
最後どうしても縫えないところはまつります。
 
 
 
あれぇ~~、既製品みたいにできたゎ???
おどろき~~。
 
 
 

 
 
 
 
 
 
で、本日
 
こんな風に仕上がりました。
 

 
 
 
 
 
 
 

 
ラインストーンを付けて ちょっぴりかわいらしく
 
 
 
 
 
二人に着てみてもらいました。
 

 
 
 
これで いつでも雪遊び
 
 
 
 
 
 
きょうも ぽちっとしてくだちゃい
 

 
携帯の方は、こちらから
二人をぽちっとしていただけたなら励みになります。
 
 
スポンサーサイト